会員さんの柔術物語

邨田さん(女性)の柔術物語

河野秀夫さんの柔術物語

ジェレミー・ウィリアムスさんの柔術物語

菊地博明さんの柔術物語

邨田さん(女性)の柔術物語

道場のチラシが印象的で柔術に興味を持ちました。
これまでなじみの薄かった格闘技。
自分にできるか疑問でなかなか踏み出せずにいました。
それでも気になり続け、「今やるか一生やらないかどちらかになるだろうな、ならやってみよう!合わなければ辞めればいいや」と入会を決意しました。

そうして始めてはみたものの、当初はルールさえ知らず慣れない動きに四苦八苦。
自分の動きが合っているかわからない、習った技を忘れてしまう、道場に行きづらい、
スパーリングで何をしたらいいかわからない…!

そこでスパーリングの時間を打ち込みにさせてもらい、反復練習をしたり
会員さんにアドバイスをもらったり、しっくりくるまで練習に付き合ってもらったり
「打ち込みとスパーリングの中間」をやってもらうなどして
少しずつできることが増えていき楽しくなっていきました。
それがなければ退会していたかもしれません。

できないことを否定せずのびのびやらせてくれる先生と、
優しく紳士的な会員さんのおかげかなと思います!
今ではクラスだけでは物足りなくて居残りするほどスパーリングが楽しいです!!

柔術の世界はとても刺激的で
人見知りが少し解消されたり、心が震えるような歓びがあったり
色々な経験ができて人生が変わった気がします。

大好きな趣味と大好きな道場とステキな人たち。
思いきってこの世界に飛び込んできたこと。今まで続けてきたこと。
本当に良かった!と思っています。

 

河野秀夫さん(54歳)の柔術物語

若い頃はそれなりに運動もしていたのですが、結婚して子供もできると、なかなか自分のためだけに使える時間もなくなり、スポーツからは遠ざかってしまいました。それでも時たまジムへ行ってみたり、ジョギングを始めてみたりもしたのですが、あまり面白くないので長続きしません。

そんなこんなで50歳の誕生日を迎えた時、「このままただ年取っていくだけの人生なんて嫌だな」と、ネットを調べて好きな格闘技を始めることにしました。ただ、勇気を出して実際に行動するのに、1年以上かかりました。やはり年齢のこととか、「受け入れてもらえるだろうか」とか余計なことを色々考えてしまったのです。

色々と格闘技道場を調べているうちに「AXIS」を見つけ、意を決して見学に行きました。見学してみると、練習は楽しそうだし「地理的に通いやすく」「休館日が少なく」「自分より年上の人が在籍しており」「値段がお手頃」、そして何よりあのヒクソン・グレイシー直系の柔術道場ということで入会を決めました。

入会してからはとにかく楽しくて、「辛い」とか「辞めたい」とかは一切ないです。ですが、入会当初の「全身筋肉痛」には参りました。とにかく痛くて、夜中に目が覚めたくらいです。でも「鍛えられている」と実感して少し嬉しかったのも事実です。

今後はできるだけ長く練習を続けていくことと、得意技を一つ作ることが目標です。また、私がそうであったように同年代の人がホームページを見て「俺もやろう!」とたくさん仲間になってくれたら、嬉しいです。

「月4回コース」で、週1回くらいしか顔を出せない私ですが、片庭先生はじめ千葉支部の皆さん、これからも末長くよろしくお願いします!


ジェレミー・ウィリアムスさん(61歳)の柔術物語

以下の文章はジェレミーさんにインタビューし片庭がまとめたものです。

私はもともとむかしに柔道をやっていて、日本に来てからもやろうと思ったら当時なかったのと、この年齢で柔道を始めようと思ったらその道場の先生に「無理なんじゃないか?」と思われるのがイヤだったので断念しました。

グレイシー柔術を始めようと思ったのは、寝技がやってみたかったのと、インターネットで「ブラジリアン柔術 千葉」と検索したら「AXIS千葉のHP」を見つけ、そのページに「年齢は関係ない!」と書いてあり「AXIS千葉なら大丈夫!」と思ったのがきっかけです。

AXIS千葉を知ってすぐに見学にいったら、みんな明るく楽しそうに練習していて、とても雰囲気がよかったのですぐに入会を決めました。

実際始めてみて思ったのは、自分の思い通りに動けず、たくさんやられてびっくりしました。今までにない新しい感覚で、思った以上に複雑なポイントがあり、とても面白く感じました。

柔術を始めたことにより、家族には「まあしょうがないか…」というように見られます(笑)。 同年代の友人には「その年齢でなにやってんの?!」って目で見られています(笑)。

今後の目標は、自分より強い人にやられないようになりたいです。 あと柔術を一生続けたいと思います。

後悔しているのは、もう少し早くグレイシー柔術を知り始めることができていれば…ということです。

AXIS千葉に入会した方がいい人は、やる気がある人はもちろんですが、この「練習は激しいのに仲間と一緒にリラックスも出来る」というとても良い雰囲気に共感できる人だと思います。

 

菊地博明さん(44歳)の柔術物語

「強くなって女の子にモテたい!」 そんな単純な発想からグレイシー柔術を習い始めました。(笑)

もともと運動神経には自信がありましたので、少し練習すればすぐに強くなれる、とたかをくくっていました。

ところがです。いざ入会して練習し始めると、自分よりもはるかに体が小さく、力も弱いと見える相手に、わけもわからずコテンパンにやられてしまう、という屈辱的なスタートを切りました。

「柔術は力ではなく技術である」ことを痛感させられました。

入会当時、体重は78kg、バスケットボールを通して体育会系で鍛えた持久力とプライドはあっさりと粉々になりました。(笑)

初めは悔しさが上をいき、「自分には向いていないのかもしれない・・」などと、上手く自分を納得させようとしていましたが、それと同時に「柔術はやばい!(やっておかないわけにはいかない!)」という気持ちが強く湧いてきました。

そんな情熱を受け止めてくれる道場の先生、練習生の方々がクラス後の技の練習に根気良く付き合ってくれたおかげで、その後少しずつ強くなることができたのです。

アクシス柔術アカデミーには、格闘技の道場にありがちな怖そうで暴力的な空気が全くなく、非常に明るくフレンドリーで、それでいてみな礼儀正しい、という、難しい形式が排除された全く新しいタイプの道場です。

「強さと紳士さは共存する!」というアカデミーのコンセプトも私は気に入っています。

今でも毎週汗を流し、技に磨きをかけています。

習いはじめて16年目(2017年時)になりますが、ますます柔術の奥深さに驚きを感じます。

これからもずっと柔術を続けて行きたいと思っています。