ブログ一覧

たくさん失敗しましょう!

 

結論・たくさん失敗しましょう!

 

題名の通りです(笑)。

逆に、失敗を一切しない人はいません。

せっかくの練習なので、失敗を恐れて縮こまらずに、いろいろ試してみましょう!

新しく習った技も、練習中の技も、得意な技も、使わないと上達しません。

使えば失敗する場合もあります。

その失敗により、クラスで習ったときや、今までの練習中に気づかなかったポイントや改善点が見つかります。

そこでその技の熟練度が1段上がります。

そして例えば、何かの基本の技で失敗すると、それを見ていた片庭により、クラスで「こういう失敗が多いから気をつけましょう!」とあらかじめ改善ポイントを伝えることができます。

失敗は道場にいるすべての人にとって良いことだらけなのです!

みなさん大人なので、「やられたくない!」「失敗したくない!」「悔しい!」って気持ちが大きいと思いますが、ぜひ、それらの気持ちを捨てて、「失敗する自分」を受け入れましょう!

ただ注意は、やみくもに力任せにデタラメに動いて通用しない場合に「失敗OK!」って思わないようお願いします(笑)。

技に沿って失敗をしましょう!

2017年03月14日

技が覚えられない

 

よく寄せられる悩み

 

「技がなかなか覚えられないんですよね」

 

結論・徐々に覚えることができます

 

柔術未経験で始めたばかりの場合、まず技もそうですが、柔術でよく使われる動きも身に着ける必要があります。

だから、技を習っただけでなかなか覚えられないのはしかたのないことです。

AXIS千葉支部では、初心者の方が参加している場合、重要な動きが含まれている技を何度もクラスで紹介しています。

1回で覚えられるとは思っていません。

なので何度も何度もクラスで紹介します。

最初は「覚えなきゃ!」とがんばりすぎるのではなく、なんとなく練習してみてください。

何度も何度も繰り返していると、だんだんと基本で重要な動きが身についてきて、技も理解でき覚えることができるでしょう。

そして重要な基本の動きがある程度身につくと、技を教えられたときに理解が早くなります。

だからと言って全部の技を覚えるのは不可能です。

使わない技は忘れます。

片庭も、前の週に本部で習った技は覚えていません。(ヒントがあれば思い出して再現は可能です)

クラスで紹介された技であったり、自分で調べた技でも、全部は覚えられないので、自分の現在の状況に肉付けする感じにしましょう。

自分のスタイルに合っていれば、反復の回数も上がり、スパーリングで試す率もあがります。

そうなった技が少しずつ体にしみこみ、最終的に「身に付いた」という状態になります。

だから「覚えた」ではなく「身に付いた」が正解ですね。

でも多くの技を覚えることは良いことです。

片庭も「ただ覚えている」という技は多くあります。

しかし実際には使えません。

ただ何かのきっかけで現在の自分と繋がる場合があります。

そうなると少し幅が広がります。

そういうプラスもありますので、覚える(なんとなく知っている)ことも良いことです。

話を初心者の方向けに戻すと、あまりムキになりすぎないで気楽に気長に練習しましょう!

もしすぐに身に付けたければ、たくさん反復練習をしましょう!

2017年03月08日

体が柔らかくなきゃ柔術は練習できないのか?

よく、柔術始める前の方や、初心者の方にされる質問。

 

「体が硬いのですが柔術できますか?」

 

結論・できます

 

 

普通に柔術の練習を楽しむのに体が柔らかい必要はありません。

現に片庭は体がとても硬いです。

よく言われるのは「体が硬いとケガをしやすい」についてですが、体が硬いせいではないと思います。

そして、普通に楽しむなら、体が硬いからケガをしやすいということもないと思います。

それよりも「一生懸命になりすぎる」方がケガをしやすいです。

ムリな体勢なのに筋力に頼るとケガをします(相手をケガさせる場合もあります)。

最近「開脚ベター」の本が流行っていますが、柔らかすぎるのも良くないと思います。

筋力だけではなく、柔らかさを利用しすぎるのも「身体能力に頼りすぎる」と同じことでケガをしやすくなります。

人間の筋肉の「能力が発揮できる角度」はそんな広くないです。

例えば開脚ベターの状態で筋力が使えるか?と言ったら「ノー」だと思います。

私は体の柔らかさを活用して柔術をする人でケガがとても多い人を3人知っています。

なので、開脚ベターのレベルで柔らかすぎるのも考え物です。

逆に硬い方が、ムリな体勢で頑張れないので、ムリをしないので、ケガが少ないんじゃないか?と思います。

体が硬くて、ムリな体勢で頑張りすぎたらもちろんケガします。

片庭は体は硬いですが、ムリをしない(硬いからできない)ので、ケガをすることはほとんどありません。

現在は特に試合用の練習をしているわけではないので、さらにケガの率が少ないです。

片庭は試合の練習はしていませんが、その片庭より練習している人はAXIS千葉にはいないはずです。

なので、その練習量でムリさえしなければ、体が硬くても十分柔術を楽しむことはできます。

もう一度結論を書きますが、体が硬くても柔術は練習できます!

ムリをしすぎないで、プライドを高く持ち過ぎないのが、楽しむコツであり上達のコツであります。

2017年02月28日

右左両サイド?片サイド?

技の中で、右側か左側か、左右できる技が多いです。

両方練習した方がいいのか?

技にもよりますが、初めて習う技は「まず」片方のサイドだけ練習すればいいと思います。

基本のマウントエスケープ例にすると、相手の腰を押すのを右手か左手かが考えられます。

この場合、右でも左でもどちらでもよいので、まずどっちかのサイドを徹底的に練習しましょう!

何度もマウントエスケープのクラスを受けて、慣れてしまった人は両サイド練習しましょう。

もっと慣れた方は、ニガテなサイドを特に練習しましょう!

マウントエスケープを例にしましたが、技によっては微妙に変わる場合もあります。

でも基本、「まず」片方のサイドができればよいです。

実際に黒帯トップ選手でも、得意技を両サイド技を仕掛ける人はあまりいないと思います。

例・マルセロ・ガルシアのXガードは必ず相手の右足を抱えます

エスケープはもちろん最終的には両サイドできたほうが良いです。

得意技も、なるべく苦手な体勢を少なくするために両サイド練習しても良いと思いますが、最終的に得意にして使い続けるには片方でもよいと思います。

話が少しズレますが、自分のやりたいサイドに誘導する練習も大切になってきます。

最後に、初心者用の結論としては、とりあえず「片方のサイドを徹底的に練習しよう!」です。

2017年02月06日

できれば名前を書きましょう!

強制ではないですが、道着か帯に「名前」を書くと良いと思ったので、この題名のブログにしました。

片庭は練習中、みなさんの名前を連呼するので、すぐに覚えられるのですが、仲間同士だと特に名乗り合うわけではないので、「あれ?あの人の名前何だっけ?」ってこともあると思います。

そこで、道着か帯に名前があれば、仲間同士でもすぐに認識できて、覚えやすくなると思います。

手軽ではありませんが「帯に刺繍」が消えないしキレイに仕上げてくれるので良いかもしれません。

メンドウな方は、油性ペンで、帯やスソの一番下に名前を書いてもいいかもしれません。

みなさん、入ったばっかの方も、ベテランの方も、ぜひ名前を書いてみてくださいね!

2017年01月22日

柔術を練習するのに特別な筋肉は必要ありません

以前こういう方がいました。

「この道場に入るために5年間ジムで鍛えてきました!」

なんともったいない!

ジムに入らずに5年前に柔術を始めていれば、少なくとも青帯レベルにはなっていたのに・・・。

結局その方は「ジムに通っているうちにランニングの魅力に取りつかれてしまったのでマラソンに転向します!」と言って退会してしまいました。

本人が楽しいと思うことをやればいいし、柔術やマラソンも出会いなのでしかたないですね。

でもホントもったいない。

たまに上記のように「特別な身体能力が必要」といまだに思っている人もいると思います。

楽しく練習し柔術を趣味にするなら特別な筋力は必要ありません!

大事なのは正しい動きを身に着けることです。

逆に、正しい動きを身に着けていなければ、特別な筋力の強さもムダです。

すぐに疲れてしまうことでしょう。

過去にも現在も「ちょっと普通じゃない身体能力の人」がいますが、経験を積んだ「普通のおじさん」に、簡単にひっくり返されたり、押さえ込まれたり、絞められたりしています。

確かに筋力が強いと有利ではあります。

でもそれは、正しい動きをある程度身に着けた後のプラスアルファです。

実際に、正しい動きを身に着けなければ、どの筋力を強化する必要があるかわからないと思います。

やみくもにアメリカ式の筋肉をデカくするだけのウェイトトレーニングはムダです。

なので、入会前に体を鍛える必要はありません。

身体能力に不安がある方は安心して柔術を始めて欲しいと思います。

もし「どうしても鍛えなければ不安」って方がいましたら、以下の2つをやっとけば十分だと思います。

 




2017年01月17日

練習中のおしゃべりについて

AXIS千葉支部では楽しく練習してほしいと思っていますので、練習中おしゃべりOKです。

ただし、限度を超える声量や内容はお止めください。

みんなでワイワイとにぎやかに練習しましょう!

唯一、技の説明中のおしゃべりはお止めください。

2017年01月11日

補習について

AXIS千葉支部では、通常のクラスが終わり、挨拶が終わった後、補習を行っています。

補習は自由参加です。

内容は、代表的な悪い体勢から逃げる動きや、ディフェンスの動きや、護身術です。

週に1テーマずつ練習します。

今までは7種類でしたが、今後は8種類に増やして、すべて1週ごとに練習します。

自由参加と書きましたが「すぐに帰らなければいけない!」という理由以外は、なるべく参加してください。

初心者から上級者まで、必ず全員確実に身に着けて欲しい動きが含まれています。

補習では週1テーマずつ行いますが、さらに居残り練習ができる方は、少ない回数でも良いので、すべてのテーマを練習してみてください。

特に週1回しか練習に来れないという方にオススメな練習法です。

2016年12月28日

初心者は「まず」ガードポジションを練習しましょう!

寝技の展開では、おおまかに分けて、上のポジション(以下上)と下のポジション(以下下)になります。

下のことを「ガードポジション」と呼びます。

レベルが上がり突き詰めれば、上も下も両方とも難しいですが、未経験から始めた初心者の方は「まず」ガードポジションを練習すると良いと思います。

上も簡単ではありませんが、中腰だったりヒザをついたりで、普段の生活の動きとかけはなれたものではありません。

しかし、主に寝た状態で動作を行う下では、なかなか普段の生活との共通点がありません。

その点、上よりも下の方が、未経験から始めた初心者の方にとってはなじみがなく、難しく感じると思います。

だから、普段の生活となじみのない下が上手くなるには「慣れ」ですので、下をたくさん練習しましょう。

もちろん、最初から上手くいくことはありません。

すぐに押さえこまれてしまうことでしょう。

なので、押さえ込まれたところからの逃げる動きをたくさん練習して、ガードポジションに戻せるよう、練習しましょう。

それを繰り返せば、だんだんと押さえ込まれないようになってきて、攻撃のチャンスが見えてきます。

そこまでくれば、下の基本が身についていると思います。

そうなるためには、結局「慣れ」です。

最初、やられてしまう悔しさに負けず、たくさん下にチャレンジして、早く慣れてください!

2016年12月17日

クラス中の休憩について

クラス中、休憩はいつでもとることができます。

休憩までいかないまでも、クラス中の水分補給はいつでも可能です。

スパーリング前に全員で休憩をしていますが、それ以外でも、疲れた等の理由での休憩もいつでもしてください。

スパーリング中も疲れてしまったら、パートナーに方に申し出て、休憩をとるようにしてください。

自分で自分にムリをさせないように休憩をとるようにしましょう!

練習に自分を合わせるのではなく、自分に練習を合わせるようにして、自分のペースでAXIS千葉支部の練習に慣れるようにしてください。

 

がしかし!

他の人よりも早く上達したい方、試合に勝ちたい!というような方たちは、なるべく休憩はしないようにしましょう。

限界を超えるなら休憩した方がよいですが、ちょっとその辺の見極めは難しいので、ここでは「ちょっと疲れたから休憩」について書きます。

ケガなく楽しく練習するのが一番ですが、人よりも早く強くなるためだったり、試合に勝つためだったりの場合は、また話が変わります。

ちょっと疲れたくらいなら、休憩せずにスパーリングに参加しましょう。

試合を例にとると、常にベストなコンディションで戦えるわけではありません。

激戦のトーナメントだと、勝ち進むほどに疲労がたまって、ベストコンディションとはほど遠いものとなります。

そんな状況でも勝ちたければ、ちょっとやそっとで休憩しないようにしましょう。

あと、護身術的に考えると、必ずベストコンディションのときに相手が襲いかかってきてくれるとは限りません。

仕事帰りの疲れているときや、足や腕等を痛めてしまっている場合に襲ってくるかもしれません。

 

でも、一番大切なのは、楽しく長く練習を続けること。

なので、ここら辺のニュアンスが難しいのですが、、、

「まったく運動をしてこなかった方」や「初心者で柔術の動きになれていない方」や「体力的に現在はついていくのがやっとの方」等は、いつでも自由に休憩をとってください。

1年以上練習を積んでいて、かなり柔術の動きや練習内容に慣れてきた方は、あまり休憩を取らないようにしましょう。

と言った方が分かりやすいかもしれませんね。

 

最後にもう一度書きますが、ムリはしないようにしましょう!

片庭は、みなさん全員に楽しく長く柔術の練習を続けて欲しいと思っていますから。

2016年11月27日

初心者のクラス途中参加について

AXIS千葉支部のクラスは「途中参加」「途中帰宅」自由です。

しかし、片庭のお願いとしては「未経験から始めた初心者の方」は遅刻してほしくないです。

何度も書きますが「遅刻OK」です。

AXIS千葉支部は、未経験からグレイシー柔術を始める方を全力で応援する道場です。

未経験から始めた方が来た場合、未経験の方のためのクラスを必ず行います。

そして毎回のクラスは、すべてが繋がるように編成しています。

なので途中参加になってしまうと、大事な最初の出だしが抜けてしまいます。

何度も書きますが「遅刻OK」です。

未経験から始めた方は、スパーリングが「訳が分からない状態」だと思います。

なので、いち早くスパーリングで「訳が分かる状態」になって欲しいのです。

スパーリングが訳が分かるようになれば、楽しくなる「はず」なので、挫折することは減ると思います。

何度も書きますが「遅刻OK」です。

しかし遅刻してしまうと、その日の技の流れにたくさんの穴があいてしまいます。

「それでも良い」というなら途中参加でも大歓迎です。

何度も書きますが「遅刻OK」です。

1回や2回、基本クラスを受けたところで、未経験から始めた人に身につかないのは分かっています。

でも、「知識だけ」でも早く訳が分かる状態になって欲しいのです。

未経験者の為のクラスは、未経験から始めた人が「まず早めに身に着けたほうが良い技や動き」を紹介します。

早く慣れて、全体的な戦いの流れをつかんでほしいと思います。

だから「なるべく」初心者の方は遅刻をしないようお願いします。

 

<追伸>

かと言って、早く来すぎるのもおやめください(笑)。

道場は「クラス開始30分前」より入室可能です。

それより早く来るのはおやめください。

 

<追伸の追伸>

途中帰宅の場合は、黙って帰宅せず、着替える前に一言声をかけてくださいね。

2016年11月21日