インストラクター片庭

 

片庭勝宣(かたにわ かつのり・写真中央)

写真左・渡辺孝真先生 写真右・クロングレイシー先生

1978年6月22日生まれ

東京都江東区南砂町出身

江東区立第三砂町小学校卒業

江東区立第三砂町中学校卒業

尊敬する人・渡辺孝真先生、ヒクソングレイシー先生、クロングレイシー先生

好きな柔術家・クロングレイシー先生、マルセロガルシア選手

得意な技・ノースサウスチョーク(上四方絞め)

1998年6月にグレイシージャパン(現・AXIS本部)に入会

2005年8月に渡辺孝真先生より茶帯を授与され、同年11月23日にAXISの千葉の支部であるAXIS柔術アカデミー千葉支部を開校、代表・インストラクターとなる。

2007年9月23日に渡辺孝真先生より黒帯を授与される。

 

片庭の戦績や趣味についてはコチラを参照してください。

 

 

入会を迷っている方へ

AXIS柔術アカデミー千葉支部代表の片庭勝宣です

「それって誰が出ても優勝できる大会でしょう??」

これは2002年に初めて全日本トーナメントで優勝したことを報告した後の、私の姉の言った言葉です。この言葉からもわかると思いますが、昔から私のことを知っている身内や友達等の私に対する認識は「運動ができない」や「特別な能力が無く、何かで結果を出すなんて大それたことはできない」です。

過去たくさんのトーナメントで優勝経験があり、今現在、黒帯を許され千葉支部を任せられている事実からだれも信用してくれませんが、私は運動がニガテでしかも柔術の才能がありません。

・運動神経や体力に自信がない

・何か格闘技経験がないとできないのでは?

以上のような理由で入会を迷っている方へ、大変恥ずかしいのですが、以下私のことをお話させていただきます。

私の両親は公務員を定年まで勤めた立派な人達ですが、スポーツなどはまったくしない(した経験がない)人でした。

スポーツ家系ではなく運動的には一般の家庭で育った私ですが、両親から何か強制されたこともなく、優しい(甘い?)両親でしたので、私が「食べたい!」と言ったものは何でも食べさせてくれました。

当時の私は運動がキライで、外で遊ぶのもキライで、もちろん体育の授業がキライで、家で「ファミコン(当時のゲーム機)」ばかりしていて、友達と遊ぶのもほとんどがファミコンでした。

想像がつくと思いますがそんな生活をしていたので、小学生にして肥満。今で言う「メタボリック」状態でした。

そんな私はまわりから「デブ!」とバカにされ、ヒドかったのは、塾の先生や小学校の担任教師からまでも「デブ!」と呼ばれていました。

それだけではなく、太っていることへのコンプレックスから、運動じたいもやる前からニガテ意識をもつようになったりしました。

当時行った成人病検査でも「コレステロールが高すぎる」と医者に言われ「やせなければ!」と思うのですがやせられずにいました。

そんな私も中学に入り、部活と「中学生男子の成長期」に助けられ、体がタテに伸びたので、スマートとまではいきませんが、なんとか「ちょっと太め」くらいの体型にはなることができました。

だけど周りは、肥満だった時の私のイメージから、なにごともやる前から「お前にはムリだ」と否定的だったので、運動に対するニガテ意識は消えないままでした。

それからバスケ部も厳し過ぎてついていけず高校1年で挫折したり、エレキギターにハマったりして、運動をほとんどせずに過ごしていましたが「大学に入ったら何か格闘技をやろう!」と思い、当時「グレイシー柔術」が流行っていて、たまたまそれを教えてくれる「グレイシー・ジャパン(現AXIS)」を雑誌で知ることができたので入会しました。

でも、始めてみたのはよいのですが、やはりセンスがまったくないのでなかなか上達せず、いつも先輩の方に一方的にボコボコにされ(最近のAXISでは、そんなことをする上級者の方は一切いません)、初めの半年はまったく面白くなく、毎回帰りに「もうやめようかなぁ?」と思っていました。

だけど、いままで出会ってきた教師は勉強にしろ運動にしろ、すべてにおいて能力が低い私を見下し否定的な目でみてきたのに対して、「渡辺先生」の誰も見捨てない熱心な指導、弱点を的確に分かりやすく教えて強化してくれる指導、どんな生徒でもその能力に合わせてくれる指導をしてくれました。

例えば渡辺先生は注意するとき、いままでの教師みたいに「なんでこんなのもできないんだ!?おまえの能力が低いからだ!」というのではなく「カズ(渡辺先生にはこう呼ばれています)の~のときの~の動きがよくない!だから~に気をつけて練習しよう!」と能力どうのこうのではなく、的確なダメだしをしてくれました。

そして「この人の言うとおりにがんばろう!この人のもとで一生懸命練習しよう!」と思うようになり、センスがないながらもだんだんと上達し、柔術が楽しくなりました。

そして、一生懸命練習していましたが、やはりセンスが無いので、毎回常に試合で勝てていたわけではありませんが、青帯、紫帯、茶帯と、すべての色帯で全日本で優勝でき(白帯は全日本にない)、黒帯を巻くことを許され、AXISの千葉の支部も任せてもらえるようになりました。

しかし、黒帯を許され千葉支部を任されたからといって、それがゴールではありません。

なってみて分かったのですが、私はやっと柔術家のスタートラインに立ったのです。

黒帯になってやっと基本の大切さ奥深さに気付き、現在も渡辺先生の基本クラスに参加し、最新の技術ばかりを追い求めるのではなく、私と同様、特別な才能はなくても柔術を好きになってくれたAXISのみなさんのために、最も必要な基本の技の探求に勤めています。

これから私がしなくてはならないことは、柔術家として進歩することは当たり前として、私のような格闘技経験がなく運動に自信のない一般の方に柔術の楽しさ、努力をして進歩することの喜びを伝えることです。

これを読んでくれた入会を迷っているあなた!ぜひ私と一緒に柔術を楽しみましょう!!

いつでもそばにいて全力で応援させていただきます!