初心者相手のスパーでは自分の「エスケープの練習」を組み込みましょう!

 

中・上級者のみなさま、いつも初心者の方とスパーリングをするとき、多くの配慮ありがとうございます。

白帯ライン無し・ライン1本・ライン2本までの方々は、まだまだ動きに慣れてないと思いますので、引き続き基本的な攻撃の流れを練習できるよう適切な負荷をかけたスパーリングをお願いします。

でも中には「お!この人、基本的な攻撃がちゃんとできてるな!」っていう白帯ライン2本以下の方がいたら、ぜひ、極めさせてあげるだけではなく、「悪い体勢から逃げる練習」を組み込みましょう!

白帯ライン3本・4本の方相手の場合は、最初の1回タップさせて、残りの時間を「悪い体勢から逃げる練習」にあてると良いと思います。

でも中には「お!この人かなりできる!」っていうライン3本・4本の方がいたら、青帯相手と同様にスパーリングして大丈夫です。

なるべく毎回、個々に説明するようにしますが、片庭が説明忘れた場合、上記を実行してみてください。

どんなにレベルが上がっても、必ず自分以上の方はどこかにいます(道場内、本部や支部、試合時の他道場の相手)。

どんな人でも悪い体勢になる時が来ます。

その時にパニックを起こさず基本のエスケープを実行できるか?

それは普段いかに多くのエスケープを練習したかにかかっています。

現在の上級者が悪い体勢になる時は少ないと思いますが、ぜひ全員基本のエスケープをたくさん練習しましょう!

2018年05月08日