ブログ&動画

AXIS千葉支部の公式ブログはコチラ

AXIS千葉支部公式YOU TUBEチャンネルはコチラ

片庭のブログはコチラ

未経験者・初心者のための菊地さんの動画リストはコチラ

ブログ一覧

右左両サイド?片サイド?

技の中で、右側か左側か、左右できる技が多いです。

両方練習した方がいいのか?

技にもよりますが、初めて習う技は「まず」片方のサイドだけ練習すればいいと思います。

基本のマウントエスケープ例にすると、相手の腰を押すのを右手か左手かが考えられます。

この場合、右でも左でもどちらでもよいので、まずどっちかのサイドを徹底的に練習しましょう!

何度もマウントエスケープのクラスを受けて、慣れてしまった人は両サイド練習しましょう。

もっと慣れた方は、ニガテなサイドを特に練習しましょう!

マウントエスケープを例にしましたが、技によっては微妙に変わる場合もあります。

でも基本、「まず」片方のサイドができればよいです。

実際に黒帯トップ選手でも、得意技を両サイド技を仕掛ける人はあまりいないと思います。

例・マルセロ・ガルシアのXガードは必ず相手の右足を抱えます

エスケープはもちろん最終的には両サイドできたほうが良いです。

得意技も、なるべく苦手な体勢を少なくするために両サイド練習しても良いと思いますが、最終的に得意にして使い続けるには片方でもよいと思います。

話が少しズレますが、自分のやりたいサイドに誘導する練習も大切になってきます。

最後に、初心者用の結論としては、とりあえず「片方のサイドを徹底的に練習しよう!」です。

2017年02月06日

できれば名前を書きましょう!

強制ではないですが、道着か帯に「名前」を書くと良いと思ったので、この題名のブログにしました。

片庭は練習中、みなさんの名前を連呼するので、すぐに覚えられるのですが、仲間同士だと特に名乗り合うわけではないので、「あれ?あの人の名前何だっけ?」ってこともあると思います。

そこで、道着か帯に名前があれば、仲間同士でもすぐに認識できて、覚えやすくなると思います。

手軽ではありませんが「帯に刺繍」が消えないしキレイに仕上げてくれるので良いかもしれません。

メンドウな方は、油性ペンで、帯やスソの一番下に名前を書いてもいいかもしれません。

みなさん、入ったばっかの方も、ベテランの方も、ぜひ名前を書いてみてくださいね!

2017年01月22日

柔術を練習するのに特別な筋肉は必要ありません

以前こういう方がいました。

「この道場に入るために5年間ジムで鍛えてきました!」

なんともったいない!

ジムに入らずに5年前に柔術を始めていれば、少なくとも青帯レベルにはなっていたのに・・・。

結局その方は「ジムに通っているうちにランニングの魅力に取りつかれてしまったのでマラソンに転向します!」と言って退会してしまいました。

本人が楽しいと思うことをやればいいし、柔術やマラソンも出会いなのでしかたないですね。

でもホントもったいない。

たまに上記のように「特別な身体能力が必要」といまだに思っている人もいると思います。

楽しく練習し柔術を趣味にするなら特別な筋力は必要ありません!

大事なのは正しい動きを身に着けることです。

逆に、正しい動きを身に着けていなければ、特別な筋力の強さもムダです。

すぐに疲れてしまうことでしょう。

過去にも現在も「ちょっと普通じゃない身体能力の人」がいますが、経験を積んだ「普通のおじさん」に、簡単にひっくり返されたり、押さえ込まれたり、絞められたりしています。

確かに筋力が強いと有利ではあります。

でもそれは、正しい動きをある程度身に着けた後のプラスアルファです。

実際に、正しい動きを身に着けなければ、どの筋力を強化する必要があるかわからないと思います。

やみくもにアメリカ式の筋肉をデカくするだけのウェイトトレーニングはムダです。

なので、入会前に体を鍛える必要はありません。

身体能力に不安がある方は安心して柔術を始めて欲しいと思います。

もし「どうしても鍛えなければ不安」って方がいましたら、以下の2つをやっとけば十分だと思います。

 




2017年01月17日

練習中のおしゃべりについて

AXIS千葉支部では楽しく練習してほしいと思っていますので、練習中おしゃべりOKです。

ただし、限度を超える声量や内容はお止めください。

みんなでワイワイとにぎやかに練習しましょう!

唯一、技の説明中のおしゃべりはお止めください。

2017年01月11日

補習について

AXIS千葉支部では、通常のクラスが終わり、挨拶が終わった後、補習を行っています。

補習は自由参加です。

内容は、代表的な悪い体勢から逃げる動きや、ディフェンスの動きや、護身術です。

週に1テーマずつ練習します。

今までは7種類でしたが、今後は8種類に増やして、すべて1週ごとに練習します。

自由参加と書きましたが「すぐに帰らなければいけない!」という理由以外は、なるべく参加してください。

初心者から上級者まで、必ず全員確実に身に着けて欲しい動きが含まれています。

補習では週1テーマずつ行いますが、さらに居残り練習ができる方は、少ない回数でも良いので、すべてのテーマを練習してみてください。

特に週1回しか練習に来れないという方にオススメな練習法です。

2016年12月28日
» 続きを読む