ブログ&動画

AXIS千葉支部の公式ブログはコチラ

公式ブログは練習日誌として毎日更新しています!

 

AXIS千葉支部公式YOU TUBEチャンネルはコチラ

スパーリング動画・千葉支部の仲間の試合・片庭の語り・菊地さんのコーナー・千葉支部の雰囲気を知るための参考にしてください!

 

片庭のブログはコチラ

1日1記事更新しています。片庭の趣味・考え方・価値観を知ってもらえると思います!

 

未経験者・初心者のための菊地さんの動画リストはコチラ

菊地さんが生徒目線で初心者・未経験者の多くの悩みについて語ってくれています!

コラム一覧

初心者相手のスパーでは自分の「エスケープの練習」を組み込みましょう!

 

中・上級者のみなさま、いつも初心者の方とスパーリングをするとき、多くの配慮ありがとうございます。

白帯ライン無し・ライン1本・ライン2本までの方々は、まだまだ動きに慣れてないと思いますので、引き続き基本的な攻撃の流れを練習できるよう適切な負荷をかけたスパーリングをお願いします。

でも中には「お!この人、基本的な攻撃がちゃんとできてるな!」っていう白帯ライン2本以下の方がいたら、ぜひ、極めさせてあげるだけではなく、「悪い体勢から逃げる練習」を組み込みましょう!

白帯ライン3本・4本の方相手の場合は、最初の1回タップさせて、残りの時間を「悪い体勢から逃げる練習」にあてると良いと思います。

でも中には「お!この人かなりできる!」っていうライン3本・4本の方がいたら、青帯相手と同様にスパーリングして大丈夫です。

なるべく毎回、個々に説明するようにしますが、片庭が説明忘れた場合、上記を実行してみてください。

どんなにレベルが上がっても、必ず自分以上の方はどこかにいます(道場内、本部や支部、試合時の他道場の相手)。

どんな人でも悪い体勢になる時が来ます。

その時にパニックを起こさず基本のエスケープを実行できるか?

それは普段いかに多くのエスケープを練習したかにかかっています。

現在の上級者が悪い体勢になる時は少ないと思いますが、ぜひ全員基本のエスケープをたくさん練習しましょう!

2018年05月08日

初心者こそたくさん練習に来よう!

 

道場にはみなさんの都合の良いときに来てくれればいいと思います。

できればたくさんきてくれると嬉しいです。

未経験から入会した人はほとんどの場合「とりあえず月4回コースで・・」といいます。

まずは様子見だったり、仕事やプライベートとの兼ね合いであまり来れなかったりと、それはそれでアリだと思います。

ただ、始めたばかりの方で、練習に来れるなら、可能な限り来ると良いと思います。

人間はだれでも物を忘れます。

片庭だって、本部で先週練習した技を忘れます。(パッとすぐに思い出せない状態)

しかし、少しのヒントがあれば簡単に思い出すことができます。

これは、初心者の方よりも片庭の方が、基本的な動きや技のストックがあるからです。

初心者の方は、「覚えれる覚えれない」「できるできない」「簡単難しい」等の話ではなく、そもそも、基本的な動きや技のストックがありません。

そのストックを貯めるには練習するしかありません。

それに、週に1回その技をクラスで習うのと、週に2回習うのでは、記憶の定着率がまったく違います。

大事な動きや技を忘れてしまう前にもう一度習えば、忘れにくくなります。

忘れなければ、練習中に習ったことが成功することが多くなるでしょう。

そうなれば早く、練習が楽しめるようになります。

そうなるためにも、練習に来れる場合、ぜひたくさん練習に来てくださいね!

あっ、来れないときはムリして来ないでくださいね。

「ムリ」をすると「楽しさ」がなくなってしまいますから。

2018年03月18日

タップ(参った)の仕方についてのルール

 

タップ(参った)は、柔術を安全に練習するために一番重要な行為です。

ちゃんと相手に「参ったの意思」が伝わるようしっかり行いましょう。

防げるケガをしっかり防ぎましょう。

なるべく以下のルールにしたがってタップ(参った)をしてください。

 

2回以上たたく

試合でも1回タップでもめることがあります。

おススメは、相手が技をといてくれるまで何度もたたくことです。

 

相手の体をたたっく

マットをたたくと気づけない場合があります。

体を何度もたたけば、気づかないということはないでしょう。

 

手で相手の体をたたけないときは声を出す

手がふさがってしまってる時に、足でマットをたたくと気づかれない場合があります。

その場合は「参った」「タップ」等声をだしてタップの意思を伝えましょう。

 

全員に「ゆっくり技を極めましょう」とお願いしていますが、一生懸命になりすぎてしまう場合もあります。

その場合でもケガをせずにすむよう、上記の通りタップ(参った)して欲しいと思います。

2018年03月17日

初心者はムリしてガードをするのをやめよう

 

結論・クラス参加20回未満の方(ライン1本までの方)は、下になった時に訳がわからないままムリして動こうとせず、離れて立とうとしましょう。

 

寝技・組技未経験で始めたかたは、まず、下からの動きが難しいと思います。

段階的にいろいろな動きや技を身に着けると、やっと下からも動けるようになります。

よくわからないまま適当に動いてしまうと、すぐに押さえ込まれてしまいます。

先に悪い体勢から逃げる動きはクラスで習うと思います。

悪い体勢から逃げた直後や、下になってしまった直後は、離れて立ちあがることを考えてみてください。

離れて立ちあがる技も重要で難しいです。

でも、立ち上がることを意識して、スムーズに立ち上がれるようになるころには、かなり下からの動きが身についています。

そこでやっと下からの形を作ってみると理解しやすいのではないかと思います。

 

(クラス参加20回未満の方でも、「下からの動きや攻撃が上手くいきそうだ!」ってときは、どんどんチャレンジしてみてくださいね!)

2018年02月22日

初心者はまず落ち着こう

 

結論・初心者は極められることはありませんので、悪い体勢になっても落ち着きましょう!

 

白帯ライン無しの方(練習参加10回未満)と、白帯ライン1本の方(練習参加20回未満)とスパーリングをするとき「極め技は無しで」と上級者にお願いしています。

なので、白帯ライン無しと1本の方は、スパーリング中にタップさせらることはありません。

悪い体勢になっても慌てず、基本のエスケープを使おうとしましょう!

基本通り動けば逃がしてくれるはずです。

ただ、極め技じゃなくても、何か痛かったり苦しかったりしたらタップして、その状態を解いてもらいましょう。

極め技じゃなくても、ムリしたらケガをする可能性がありますので。

2018年02月20日
» 続きを読む