ブログ&動画

AXIS千葉支部の公式ブログはコチラ

AXIS千葉支部公式YOU TUBEチャンネルはコチラ

片庭のブログはコチラ

未経験者・初心者のための菊地さんの動画リストはコチラ

ブログ一覧

たくさん失敗しましょう!

 

結論・たくさん失敗しましょう!

 

題名の通りです(笑)。

逆に、失敗を一切しない人はいません。

せっかくの練習なので、失敗を恐れて縮こまらずに、いろいろ試してみましょう!

新しく習った技も、練習中の技も、得意な技も、使わないと上達しません。

使えば失敗する場合もあります。

その失敗により、クラスで習ったときや、今までの練習中に気づかなかったポイントや改善点が見つかります。

そこでその技の熟練度が1段上がります。

そして例えば、何かの基本の技で失敗すると、それを見ていた片庭により、クラスで「こういう失敗が多いから気をつけましょう!」とあらかじめ改善ポイントを伝えることができます。

失敗は道場にいるすべての人にとって良いことだらけなのです!

みなさん大人なので、「やられたくない!」「失敗したくない!」「悔しい!」って気持ちが大きいと思いますが、ぜひ、それらの気持ちを捨てて、「失敗する自分」を受け入れましょう!

ただ注意は、やみくもに力任せにデタラメに動いて通用しない場合に「失敗OK!」って思わないようお願いします(笑)。

技に沿って失敗をしましょう!

2017年03月14日

技が覚えられない

 

よく寄せられる悩み

 

「技がなかなか覚えられないんですよね」

 

結論・徐々に覚えることができます

 

柔術未経験で始めたばかりの場合、まず技もそうですが、柔術でよく使われる動きも身に着ける必要があります。

だから、技を習っただけでなかなか覚えられないのはしかたのないことです。

AXIS千葉支部では、初心者の方が参加している場合、重要な動きが含まれている技を何度もクラスで紹介しています。

1回で覚えられるとは思っていません。

なので何度も何度もクラスで紹介します。

最初は「覚えなきゃ!」とがんばりすぎるのではなく、なんとなく練習してみてください。

何度も何度も繰り返していると、だんだんと基本で重要な動きが身についてきて、技も理解でき覚えることができるでしょう。

そして重要な基本の動きがある程度身につくと、技を教えられたときに理解が早くなります。

だからと言って全部の技を覚えるのは不可能です。

使わない技は忘れます。

片庭も、前の週に本部で習った技は覚えていません。(ヒントがあれば思い出して再現は可能です)

クラスで紹介された技であったり、自分で調べた技でも、全部は覚えられないので、自分の現在の状況に肉付けする感じにしましょう。

自分のスタイルに合っていれば、反復の回数も上がり、スパーリングで試す率もあがります。

そうなった技が少しずつ体にしみこみ、最終的に「身に付いた」という状態になります。

だから「覚えた」ではなく「身に付いた」が正解ですね。

でも多くの技を覚えることは良いことです。

片庭も「ただ覚えている」という技は多くあります。

しかし実際には使えません。

ただ何かのきっかけで現在の自分と繋がる場合があります。

そうなると少し幅が広がります。

そういうプラスもありますので、覚える(なんとなく知っている)ことも良いことです。

話を初心者の方向けに戻すと、あまりムキになりすぎないで気楽に気長に練習しましょう!

もしすぐに身に付けたければ、たくさん反復練習をしましょう!

2017年03月08日

体が柔らかくなきゃ柔術は練習できないのか?

よく、柔術始める前の方や、初心者の方にされる質問。

 

「体が硬いのですが柔術できますか?」

 

結論・できます

 

 

普通に柔術の練習を楽しむのに体が柔らかい必要はありません。

現に片庭は体がとても硬いです。

よく言われるのは「体が硬いとケガをしやすい」についてですが、体が硬いせいではないと思います。

そして、普通に楽しむなら、体が硬いからケガをしやすいということもないと思います。

それよりも「一生懸命になりすぎる」方がケガをしやすいです。

ムリな体勢なのに筋力に頼るとケガをします(相手をケガさせる場合もあります)。

最近「開脚ベター」の本が流行っていますが、柔らかすぎるのも良くないと思います。

筋力だけではなく、柔らかさを利用しすぎるのも「身体能力に頼りすぎる」と同じことでケガをしやすくなります。

人間の筋肉の「能力が発揮できる角度」はそんな広くないです。

例えば開脚ベターの状態で筋力が使えるか?と言ったら「ノー」だと思います。

私は体の柔らかさを活用して柔術をする人でケガがとても多い人を3人知っています。

なので、開脚ベターのレベルで柔らかすぎるのも考え物です。

逆に硬い方が、ムリな体勢で頑張れないので、ムリをしないので、ケガが少ないんじゃないか?と思います。

体が硬くて、ムリな体勢で頑張りすぎたらもちろんケガします。

片庭は体は硬いですが、ムリをしない(硬いからできない)ので、ケガをすることはほとんどありません。

現在は特に試合用の練習をしているわけではないので、さらにケガの率が少ないです。

片庭は試合の練習はしていませんが、その片庭より練習している人はAXIS千葉にはいないはずです。

なので、その練習量でムリさえしなければ、体が硬くても十分柔術を楽しむことはできます。

もう一度結論を書きますが、体が硬くても柔術は練習できます!

ムリをしすぎないで、プライドを高く持ち過ぎないのが、楽しむコツであり上達のコツであります。

2017年02月28日

右左両サイド?片サイド?

技の中で、右側か左側か、左右できる技が多いです。

両方練習した方がいいのか?

技にもよりますが、初めて習う技は「まず」片方のサイドだけ練習すればいいと思います。

基本のマウントエスケープ例にすると、相手の腰を押すのを右手か左手かが考えられます。

この場合、右でも左でもどちらでもよいので、まずどっちかのサイドを徹底的に練習しましょう!

何度もマウントエスケープのクラスを受けて、慣れてしまった人は両サイド練習しましょう。

もっと慣れた方は、ニガテなサイドを特に練習しましょう!

マウントエスケープを例にしましたが、技によっては微妙に変わる場合もあります。

でも基本、「まず」片方のサイドができればよいです。

実際に黒帯トップ選手でも、得意技を両サイド技を仕掛ける人はあまりいないと思います。

例・マルセロ・ガルシアのXガードは必ず相手の右足を抱えます

エスケープはもちろん最終的には両サイドできたほうが良いです。

得意技も、なるべく苦手な体勢を少なくするために両サイド練習しても良いと思いますが、最終的に得意にして使い続けるには片方でもよいと思います。

話が少しズレますが、自分のやりたいサイドに誘導する練習も大切になってきます。

最後に、初心者用の結論としては、とりあえず「片方のサイドを徹底的に練習しよう!」です。

2017年02月06日

できれば名前を書きましょう!

強制ではないですが、道着か帯に「名前」を書くと良いと思ったので、この題名のブログにしました。

片庭は練習中、みなさんの名前を連呼するので、すぐに覚えられるのですが、仲間同士だと特に名乗り合うわけではないので、「あれ?あの人の名前何だっけ?」ってこともあると思います。

そこで、道着か帯に名前があれば、仲間同士でもすぐに認識できて、覚えやすくなると思います。

手軽ではありませんが「帯に刺繍」が消えないしキレイに仕上げてくれるので良いかもしれません。

メンドウな方は、油性ペンで、帯やスソの一番下に名前を書いてもいいかもしれません。

みなさん、入ったばっかの方も、ベテランの方も、ぜひ名前を書いてみてくださいね!

2017年01月22日
» 続きを読む