ブログ&動画

AXIS千葉支部の公式ブログはコチラ

公式ブログは練習日誌として毎日更新しています!

 

AXIS千葉支部公式YOU TUBEチャンネルはコチラ

スパーリング動画・千葉支部の仲間の試合・片庭の語り・菊地さんのコーナー・千葉支部の雰囲気を知るための参考にしてください!

 

片庭のブログはコチラ

1日1記事更新しています。片庭の趣味・考え方・価値観を知ってもらえると思います!

 

未経験者・初心者のための菊地さんの動画リストはコチラ

菊地さんが生徒目線で初心者・未経験者の多くの悩みについて語ってくれています!

コラム一覧

悔しくても失敗しないと理解できないことが多い

 

柔術を練習していると、必ず全員「失敗」したり「タップさせられたり」します。

悔しいですよね・・・。

でも大事です。

クラス中に「こうするとこういうミスをします」と伝えても、よっぽどのことがないと覚えていないと思います。

あと「ホントにそのミスってするの?」と思うかもしれません。

実際に失敗すれば「ホントに言われたとおりのミスした!」や、「そういえばクラスでミスするって教えられてたなぁ・・」と思い出すことができあます。

そうやってミスしたものはなかなか忘れません。

悔しいと思いますが、失敗やタップをした方が得るものが多いのです。

あと、「1回ミスすれば完全に覚えてもう大丈夫!」なんてことはありません。

同じミスを何回もする場合もあります。

悔しいと思います。

悔しいけど「柔術的成長」にとっていいことだらけです!

悔しいですが「たくさん失敗」しましょう!(わざと失敗する必要はありませんが(笑))

エジソンさんも「私は5000回失敗したのではない!(3000回でしたっけ?(笑))5000通りの上手くいかない方法を発見したのだ!」とおっしゃってますしね!

 

<追伸>

これ書いている途中で、同じような内容で「たくさん失敗しましょう!」という記事を発見(笑)。

せっかくなんで、消さないで掲載しちゃいます!

2018年01月10日

「何をしたらいいか分からない」場合はクラスで習ったことをやろう!

 

柔術に限らず組技格闘技未経験から始めた方に多い質問

 

何をしたらいいのか分からない

 

その場合は「クラスで習ったことをやろう」です!

未経験の方がいる場合、必ず身に着けて欲しい基礎基本の動きや技を練習するクラスにします。

特に最初の3回目くらいまでは「上からの動きや技」をクラスで行います。

スパーリングで相手が下になってくれます。

習ったことをやろうとしましょう!

それを繰り返しているうちに、悪い体勢から逃げるエスケープのクラスがあるでしょうし、したからの動き「ガードポジション」のクラスがあるでしょう。

そうやって徐々に動きや技を増やしましょう!

何度も言いますが、まずは「クラスで習った動きや技」を使いましょう!

2017年11月16日

柔術未経験から始めた初心者は小さな成長も自分で自分を褒めよう!

 

 

結論・もっと自分で自分を褒めましょう!

 

柔術未経験から始めた初心者の方は、もちろんできないことだらけだと思います。

でも、毎回、少しずつ技を覚え、スパーリングで経験を積んだりします。

その中でやはり、「できないこと」の方が自分で注目しがちです。

前回の自分、1カ月前の自分、始めたばかりの時の自分と比べれば必ず成長しているはずです。

マウントを取られたときデタラメに腕を伸ばしていたのが、逃げられないまでも両手で相手の腰を押してエビをしようとしていたり。

そんなささいな成長も自分を褒めてあげてください。

柔術を未経験で始めているわけです。

技も普段のスパーリングも寝技が多いです。

寝技は当たり前ですが「立ってない」ので、普段の生活の動きとかけ離れています。

大人だからって、普段の生活にない動きを練習しようとしたら、そりゃできないですよ。

赤ちゃんをイメージしてください。

お座りができるようになったら次は「立ち」です。

つかまり立ちができるようになったら次は本当の立ちです。

その間、何度も失敗するでしょうし、立ってもすぐに座ってしまうでしょう。

その間、親はことあるごとに褒めますよね?

赤ちゃんが立てるようになるのと、柔術をひと通り身に着けることは同じじゃありませんが、「何かを身に着ける」ことについては同じです。

少し何かできるようになったら自分を褒め、自分に感動しましょうよ!

ほとんどの親は、子供がある程度になったら「褒める」ことを減らし「怒る」「注意する」ことが増えます。

そういう世の中で育ってしまった私たちは、自分を褒めるのが下手なのはしかたのないことです。

でも、人間は死ぬ1日前まで自分を変えることができます(by アドラー)

せっかくAXIS千葉支部に入ってくれた柔術未経験から始めた初心者の皆さん!

「ほうほう、では、片庭の言うことも聞いてあげても良いでしょう」ってぐらいで構いませんので(笑)、「こまめに自分を褒める」を実践してみてください!

 

ちなみに片庭レベルになると、自分を褒めるとかの次元を超えてしまっています。

ただ、ただ、「練習が楽しい!」

2017年11月13日

くれたものはもらおう!

 

最近、初心者の方の練習を見ていて思ったこと。

「まずは基本の技を出せるようにしてほしい・・・」

AXIS千葉支部は「世界一初心者に優しい(を目指している)道場」です。

白帯「ライン無し」や「ライン1本」の方とスパーリングしてくれる上級者は、いろいろな技の仕掛けるチャンスをくれます。

(たとえ良い体勢だったとしても)パニックになってしまっているのか、その技を出すことなく、別のことをやり失敗しているのを多く見ます。

特に、その日のクラスで練習した技をかけさせてくれる可能性が高いです。

落ち着いて、まずはその日の技をだせるように意識してみてください。

また、悪い体勢にされても、上級者は「基本の逃げ方」を使わせてくれます。

初心者のうちは悪い体勢になるとパニックになってしまいますが、ぜひ、基本の逃げ方を出せるように練習して、落ち着いて基本の技を使いましょう!

AXIS千葉支部(千葉支部以外でも)では、初心者をいたぶることに喜びを感じる人はいません。

中・上級者は必ず初心者の方を育てるスパーリングをしてくれます。

絶対にいたぶられることはないので、パニックになる必要もありません。

まずは落ち着いて、基本の技をしっかり出せることを目指してください。

そうすれば「ライン3本」や「青帯」が見えてくることでしょう!

最後に注意事項

中・上級者が技をかけさせてくれるとき、必死になりすぎて力いっぱい技をかけ、中・上級者をケガさせないようお願いします。

2017年09月19日

白帯のラインとスパーリングでの接し方のお願い

 

白帯中級者(ライン3本以上)から青帯・紫帯の方々へのスパーリング中でのお願いです。

 

ライン無し・ライン1本の方に対して極め技を使わないようお願いします

入会し練習を開始してから10回目のクラスでラインを1本渡します。

ライン1本はある程度の流れは理解できていてもほとんどの技が使えない状況です。

何もわからない状況でタップをさせられてしまうとほとんどの人が落ち込むと思います。

自分が初心者の時を思い出していただき、極め技は使わないようお願いします。

スパーリング中すべての時間を指導スパーにしてくださるようお願いします。

 

ライン2本の方に対して、マウントを取られたときに腕を伸ばしたり、クローズドガードされているのに開けずに攻撃しようとしてきたりと、よほどのミスをしない限り極め技を使わないでください

入会し練習を開始してから20回目のクラスでラインを2本渡します。

身についているかどうか別として、20回来てればクラスで一通りの技を習っていると思います。

実際にできるできない関係なく、知識としてはある程度あります。

だけど、まだちゃんとした対応はできないと思われますので、ライン無しと1本の方同様、普通に極め技をしないようお願いします。

マウント取られて腕を伸ばす等、明らかなミスの場合は本人の経験の為にも極めてかまいません。

よろしくお願いします。

 

ライン3本の方に対しては、最初の1回タップさせるまでは全力で一方的に攻撃しましょう。

1回極めたら残りの時間はコーチングでお願いします。

コーチングの仕方がわからない方はディフェンス・エスケープの練習をするようにしましょう!

加減できる方は相手を言葉を使わず誘導してあげて、球技で言う「ラリー」をしてあげるようお願いします。

 

ライン4本の方に対しては、青帯以上の方たちとスパーリングするときと同じで大丈夫です。

 

以上よろしくお願いします。

 

 

注・上記のことをやりたくない方は遠慮なくおっしゃってください。

その申し出があった方には初心者の方を当てないようにいたします。

2017年06月20日
» 続きを読む