白帯のラインとスパーリングでの接し方のお願い

 

白帯中級者(ライン3本以上)から青帯・紫帯の方々へのスパーリング中でのお願いです。

 

ライン無し・ライン1本の方に対して極め技を使わないようお願いします

入会し練習を開始してから10回目のクラスでラインを1本渡します。

ライン1本はある程度の流れは理解できていてもほとんどの技が使えない状況です。

何もわからない状況でタップをさせられてしまうとほとんどの人が落ち込むと思います。

自分が初心者の時を思い出していただき、極め技は使わないようお願いします。

スパーリング中すべての時間を指導スパーにしてくださるようお願いします。

 

ライン2本の方に対して、マウントを取られたときに腕を伸ばしたり、クローズドガードされているのに開けずに攻撃しようとしてきたりと、よほどのミスをしない限り極め技を使わないでください

入会し練習を開始してから20回目のクラスでラインを2本渡します。

身についているかどうか別として、20回来てればクラスで一通りの技を習っていると思います。

実際にできるできない関係なく、知識としてはある程度あります。

だけど、まだちゃんとした対応はできないと思われますので、ライン無しと1本の方同様、普通に極め技をしないようお願いします。

マウント取られて腕を伸ばす等、明らかなミスの場合は本人の経験の為にも極めてかまいません。

よろしくお願いします。

 

ライン3本の方に対しては、最初の1回タップさせるまでは全力で一方的に攻撃しましょう。

1回極めたら残りの時間はコーチングでお願いします。

コーチングの仕方がわからない方はディフェンス・エスケープの練習をするようにしましょう!

加減できる方は相手を言葉を使わず誘導してあげて、球技で言う「ラリー」をしてあげるようお願いします。

 

ライン4本の方に対しては、青帯以上の方たちとスパーリングするときと同じで大丈夫です。

 

以上よろしくお願いします。

 

 

注・上記のことをやりたくない方は遠慮なくおっしゃってください。

その申し出があった方には初心者の方を当てないようにいたします。

2017年06月20日